.entry-content { line-height : 1.7 ; font-size: 16px; letter-spacing:1; } .entry-content p { margin-bottom : 2.0em ; }

スポーツ

阪神・矢野新監督に期待はするけど、何だかスッキリしないのはなぜか?

「やっぱり」阪神・金本監督が辞任しました。 「やっぱり」新監督には矢野2軍監督が就任しました。 この監督交代劇は巨人のそれと瓜二つ。 矢野氏自身には何の問題もありませんし、大いに期待したいのですが、何だかスッキリしません。 巨人・阪神 瓜二つの…

阪神ファンは『巨人・高橋監督辞意➝原新監督』を面白がるけど、笑うに笑えない!

プロ野球・巨人の高橋由伸監督が辞意を表明し、すぐさま後任の監督に原辰徳氏が決まったようです。 この交代劇を、ライバル視している阪神タイガースのファンはどのように見ているのでしょうか? 何か時計の針が逆に回ったかのような監督人事を、「おかしな…

RIZIN『那須川天心vs堀口恭司』を通して、最強の格闘技は何か?を考えてみた。

台風24号が通過していくなか、総合格闘技「RIZIN.13」をテレビ観戦しました。 メインの『那須川天心vs堀口恭司』は、スピーディーでスリリングな試合となりました。”世紀の名勝負”と言っても言い過ぎではない試合を通じて、格闘技ファンの永遠のテーマでもあ…

秋の夜長に楽しみたい野球DVD・本・マンガ・動画をご紹介します。

猛暑だと騒いでいたのも束の間、あっという間に秋の気配です。 秋が深まる11月ともなると、野球シーズンが終わってしまいます。安室奈美恵さん引退の「安室ロス」ならぬ、「野球ロス」の心境に野球ファンは陥っているのでは。 だからこそ、秋の夜長は野球を…

甲子園球場の「ラッキーゾーン」復活は、野球の醍醐味を失わせる!

ラッキーゾーンが設置された甲子園球場 プロ野球阪神タイガースの本拠地である甲子園球場にラッキーゾーンを復活させるプランがあるそうです。 日本で一番ホームランの出にくい球場と言われる甲子園ですので、ラッキーゾーンが復活されればホームラン数の増…

【高校野球】甲子園の「判官びいき」応援は地方球場ではもっとエグかった。

高校野球の夏の甲子園が終わり、気の早い人の関心は来春のセンバツに向かっています。 その春のセンバツの参考材料となる秋の県大会が各地で行われています。 私も母校の応援に県立球場へと駆けつけました。そして、母校劣勢の9回に「あの光景」が再現された…

野球王国大阪を支えるボーイズリーグと「プロ野球気分」

第100回記念となった全国高校野球選手権大会は、大阪桐蔭が他を寄せ付けない強さを発揮して優勝しました。 「可愛げがない」「憎らしいほど強い」と言われることもある大阪桐蔭ですが、2度目の春夏連覇は前人未踏の領域です。 一方、その大阪桐蔭に勝てるの…

 【金足農業・吉田投手の881球】高校野球の球数制限は非現実的だ!

猛暑の中、熱い戦いが繰り広げられた第100回全国高校野球選手権記念大会。予想外の決勝進出(失礼!)を果たした金足農業の快進撃で、大いに盛り上がりました。 その一方、秋田大会から1人で投げ抜いてきた金足農業・吉田投手は甲子園で881球を投じましたが…

甲子園準優勝の金足農業も苦労した応援団の遠征費 収入倍増の高野連が少しは支援しろ!

出典:『HUFFPOST』 第100回の夏の高校野球甲子園大会が終わりました。 久しぶりに高校野球にハマッテしまいました。何と言っても、金足農業の大躍進、準優勝には心が躍りました。残念ながら大阪桐蔭の壁は厚く高いものがありましたが・・・。 その金足農業…

楽天やマリノスで始まった「価格変動制チケット」 ファンにとってメリットは?

以前から航空機の搭乗券やホテル宿泊料金にみられた「価格変動制」。 今やコンサートやプロスポーツなどにも広がっています。でも、これは本当にファン目線に立っているのでしょうか? Jリーグの横浜マリノスのチケットを試合前日に6,900円で購入した友人は…

桑田真澄が、阪神・藤浪晋太郎に復活へと導く3つの提言!

2018年プロ野球ペナントレース後半戦がスタートしました。 我が阪神タイガースの躍進のカギは、何と言っても藤浪晋太郎投手の復活です。日本球界のレジェンドの誰もが認める逸材の復活に、元巨人のエース・桑田真澄氏が3つの提言を行っていました。 素人にで…

【高校野球】野球部員の女子マネージャーが伝令に行って何が悪い!

今、高校野球の地方大会が真っ盛り。私の母校も無事、1回戦を突破しました。 悲喜こもごもの話題が各地から伝えられますが、福島県大会で女子マネージャーが伝令に行った試合があり、高野連から「注意」を受けたそうです。 地方には野球部員の少ない高校があ…

サッカーW杯次回開催地カタールではビールを飲みながらの観戦はできない!?

サッカー・ワールドカップをテレビで観ていると、ビール片手に一喜一憂している各国のサポーターの姿が映し出されます。 寒いイメージの強いロシアですが、この季節は気温30度をゆうに超える暑さですから、さぞかしビールは美味しいことでしょう!サッカーだ…

【サッカーW杯】メッシが入れ墨を入れ、ロナウドは入れない深~い理由

サッカーW杯ロシア大会もいよいよ佳境に入ってきました。 テレビ観戦をしていると、入れ墨を入れている外国の選手がやたらと目につきます。今大会のスーパースターといえば、アルゼンチンのメッシ、ブラジルのネイマール、ポルトガルのロナウドの3人ですが、…

ゴールドマンサックスによると、サッカー日本代表の大健闘は株価の影響があった?

サッカーW杯ロシア大会、日本代表はベルギーに惜敗し、決勝トーナメント敗退、ベスト8入りならず。残念の一言です。 でも、戦前の大方の見方からすれば、予想を裏切る大健闘といえると思います。 その日本代表の大健闘は、ゴールドマンサックスによれば日経…

【サッカーW杯】ロシア大会で日本人エスコートキッズがいないのは、なぜ?

サッカーW杯ロシア大会、日本は辛くも予選リーグを突破し、ベスト16入りを果たしました! 日本戦では見る側も気持ちが高ぶるものですが、選手の入場時に手をつないで出てくる小さな子どもたち(エスコートキッズ)を見て、ホッと一息つく思いになるのは私だ…

【サッカーW杯】VARだけではない!新たに導入されたもう2つの新ルール

6月14日に開幕したサッカーW杯ロシア大会。 この大会で話題となっているのは、新たに導入されたルールである「VAR」。 しかし、新たに導入されたルールにはもう2つあることをご存じでしょうか? その2つとは、「テクニカルエリア内での通信機器の使用」…

サッカー日本代表は勝負飯の「うな丼」を食べ、イスラム教圏の国は断食で・・・

サッカーW杯ロシア大会が開幕。日本は2大会ぶりの決勝トーナメント進出、ベスト16入りの快進撃で大いに盛り上がっています。 日本代表の大活躍を、食事面からサポートしているのが専属シェフです。試合前夜の夕食に食べる勝負飯は「うな丼」。代表選手のスタ…

【サッカーW杯ロシア大会】プーチン大統領が黙認する「最凶フーリガン」

いよいよ開幕したサッカーW杯ロシア大会。 プレー以外で注目されているのは、「最凶」といわれるロシアのサッカー・フーリガンです。 他国のフーリガンに比べても戦闘力が凄いばかりでなく、ロシアの右翼政治家の支援を受けていると言われています。なんと、…

【サッカーW杯ロシア大会】放映権料高騰でスカパー、DAZNは中継を断念。やがては地上波も!?

サッカーW杯ロシア大会が開幕しました。 直前での突然の監督解任や親善試合での連敗など、いろいろと不安もありましたが、今回は何となくですがやってくれそうな気がしていました。そして、2大会ぶりに辛くも決勝トーナメント進出、ベスト16入りを果たしまし…

連続試合出場記録が止まった阪神・鳥谷敬、次は「代打の神様」をめざせ!

プロ野球阪神タイガースの鳥谷敬の連続試合出場記録が歴代2位の1939試合でストップしました。 「悲しい、でも、仕方ない」とは多くの虎キチの声。 積み上げてきた偉大な記録が途切れたからといって、ここで落ち込む鳥谷であってはなりません。 鳥谷には、ま…

聖地・阪神甲子園球場での濃厚な一日!阪神快勝でめでたし、めでたし。

聖地・阪神甲子園球場に行ってきました。 阪神ーヤクルト戦を観戦しました。阪神は2-0で快勝です! 試合前には「甲子園歴史館」を見学し、「スタジアムツアー」にも参加。関係者しか入れないところをいっぱい見れて感激。 聖地・甲子園球場での濃厚な一日を…

200億円の大赤字予想のラグビー・ワールドカップ、最後は税金投入か。

いよいよサッカー・ワールドカップ・ロシア大会が来月6月から開幕します。今回は突然の監督解任劇があったりしますが、何となくやってくれそうな気がしています。 一方、あまり話題に上らなくなっていますが、ラグビー・ワールドカップは来年(2019年9月)に…

【プロ野球】せめて月に1試合は鳴り物禁止にしてはどうか?

このゴールデンウィークに高校野球の地方大会を観戦してきました。 カキーンという金属バット特有の打球音、キャッチャーミットにバシンと収まる音といった「球音」を感じることができ、これも野球の醍醐味の1つだと実感しました。 一方、プロ野球では試合展…

「赤星が内野手になって帰ってきた」と阪神ファンを唸らせた植田海

勝率5割ラインを行ったり来たりしている今年の阪神タイガース。 そのモヤモヤを一気に吹き飛ばしてくれることを確信するのが、植田海。 50m5.8秒の俊足は、「赤星が内野手になって帰ってきた」と阪神ファンを唸らせています。 今年はレギュラーに定着し、大…

高校野球の観戦マナーを考える。「試合は野球部の発表会」か?

この連休中に、高校野球の春の県大会に母校の応援に行ってきました。 少し離れた席にいた初老の男性がいきなり立ち上がり、後方の客席に向かって、「試合は野球部の発表会だ。ベチャベチャしゃべってるんだったら、外へ出ろっ!」と一喝。 しばらくはその周…

オリンピック選手の育成費用と経済格差

平昌オリンピックはもう何年も前のことように思えるこの頃ですが、時々、BSでカーリングをやっていると思わず見入ってしまいます。 カーリング女子の銅メダル獲得のシーンは本当に良かったですね。 ただ、親目線でいうと、1人の子どもをオリンピック選手に育…

2018センバツ高校野球 応援団最優秀賞の彦根東はアルプスを真っ赤に染めた!

2018年のセンバツ高校野球が閉会しました。 大阪桐蔭が戦前の予想通り、圧倒的な強さで優勝しました。 また、応援団賞が閉会式で発表され、滋賀県立彦根東高校が応援団最優秀賞を受賞しました。 彦根東高校は、初戦で慶応高校を破り、2戦目で花巻東高校に延…

センバツ高校野球 公立校優遇策の「21世紀枠」はもう廃止しては?

センバツ高校野球が真っ最中です。 センバツの特徴の1つに「21世紀枠」があります。今年出場の3校は、ともに初戦で敗退。都道府県大会や地区大会での実績が評価されて自力で出場したチームとは、歴然とした実力差がありました。 21世紀枠は公立高校救済の側…

プロ野球中継を2倍面白くする解説者トップ3~江夏・福本・川藤~

いよいよ今年もプロ野球が開幕です。 球場に足を運んで、ナマで観戦するのもいいですが、テレビのプロ野球中継を楽しみにしている人も多いかと思います。 プロ野球中継に欠かせないのが解説者です。深い読みに「なるほど」と唸ってみたり、思わず吹き出して…