「寒い日はスマホ電池の減りが早い」はホントだった!では、その対策は?

f:id:naga-aya-omiya:20190215111352j:plain

寒い冬の日、スマホの電池の減りが早いと感じたことはないでしょうか。

 

しっかりと充電して100%にしたにもかかわらず、気がつくと残量が30%だったという経験をした人もいるでしょう。

 

こうした現象は一種の「都市伝説」のように語られることもありますが、実は、寒くなるとスマホ電池の性能が低下し、減りが早くなることは科学的に実証されていて、ホントだったのです。

  

 

寒いとスマホ電池の性能が低下

自動車を運転する人は、冬場はバッテリーが上がりやすいということをよく聞かされています。また、冬山を登山した際、デジカメのバッテリーが急速に減っていくという話を聞いたこともあるでしょう。

 

要は、同じことがスマホの電池にもおこっていると考えればわかりやすいかと思います。

 

多くのスマホで使用されているのはリチウムイオン電池です。この中身は化学物質で、「電極と電解質から成り立ち、電子が流れることにより電流が発生する」という仕組みです(遠い昔に理科で習ったような)。

 

気温が低いと、電池内にある電解質のなかの化学物質が不安定になり、うまく移動できなくて供給できる電力が不安定になってしまいます。

 

その結果、スマホに供給される電力が少なくなり、減りが早くなるというわけです。

 

人間も寒いと動きが鈍くなりますが、電池も同じことだと考えるのが一番わかりやすいかもしれません。

 

 

肌身離さず持ち歩くのがベスト

なかには、とても寒い日でも電池の減り具合はいつもと同じだったという人もいます。

 

これは、例えば、ポケットに入れて持ち歩いている人で、体温が伝わる場所に入れていたために、寒さの影響を受けにくかったと考えられます。

 

体に近い場所、体温が伝わりやすい場所に入れて移動していると、寒さの影響をかなり抑えることができます。

 

ただ、最近のスマホは大型化しているために、ポケットなどには入りにくくなりました。ポケットではなくカバンに入れて屋外に長くいると、寒さの影響をもろに受けることになります。

 

やはり、内ポケットなどに入れておくことがベスト。あるいは、ネックストラップをつけて首にぶらさげ、上着やコートの内側に絶えず入れておいてもいいでしょう。

 

ポケットに入らないサイズのスマホを、やむを得ずカバンに入れておく時は、定期的に脇の下などに抱え込んでやれば、電池の性能が低下していても、ほとんどの場合は回復します。

 

f:id:naga-aya-omiya:20190215111430j:plain

 

急激にスマホを温めてはダメ

電池が減って困ったからといって、急激に温めてはいけません。

 

例えば、ストーブの前に置いてみたり、カイロを直接あててみたり、ドライヤーの熱風をかけてみたり・・・

 

こうしたことをやると、スマホ本体内部に水滴ようなものが発生し、故障する原因となってしまいます。

 

iPhoneの場合でいうと、使用する場所の気温は0度から35度が適温とされていますので、体温で温めるのがベストということになります。

 

 

暑い日も電池の減りは早い?

暑い日や夏の炎天下でもスマホ電池の減りが早いという話をする人がいます。

 

結論からいえば、これはウソ。

 

繰り返しになりますが、スマホ使用の適温は0度から35度ですので、人が普通に生活できる環境においては「暑いから電池が減る」ということはありません。

 

ただ、ゲームやカメラ使用などでスマホが熱くなってきたと感じたら、涼しい場所に置いて少し休ませるのがいいようです。

 

気をつけたいのは、熱くなったスマホをポケットやカバンにしまわないことです。密閉されたところに入れてしまうと、熱がこもってしまってさらにスマホが熱くなり、電池を劣化させることになるからです。

 

ちなみに、温度があがりやすいゲーム等のアプリを充電しながら利用していると、さらに温度を上げてしまい、電池に大きな負担をかけますので劣化の原因となってしまいます。

 

以上、『「寒い日はスマホ電池の減りが早い」はホントだった!では、その対策は?』でした。

13という数字の縁起は、実は悪くない!

f:id:naga-aya-omiya:20190121175859j:plain

「今日は13日の金曜日だから・・・」という会話を誰もがしたことがあると思います。また、「13という数字は縁起がわるいから・・・」という会話も。

 

欧米で13という数字が忌み嫌われるのは、よく知られた話です。しかし、その理由となっているものは、ほとんどがこじつけや誤解によるものであるといいます。

 

ましてや、日本では逆に縁起の良い数字として親しまれてきました。

 

 

キリスト教の13

数字の13が欧米で忌み嫌われているのは、キリスト教の影響が大きいのは明らかです。

 

イエス・キリストを銀貨と引き換えに当局に引き渡した裏切り者のユダは、イエスの13番目の弟子であったとされています。

 

また、そのユダは、いわゆる「最後の晩餐」で13番目に着席したとされています。レオナルド・ダ・ビンチの名作『最後の晩餐』では、銀貨が入った袋を握りしめているユダの姿が描かれています。

 

さらに、イエス・キリストが処刑された日にちは、13日の金曜日だとされていて、殺人鬼ジェイソンが出てくるホラー映画『13日の金曜日』が大ヒットしたこともあり、世界中に知られることになりました。

 

これらの影響から、13という数字は不吉の象徴となり、現代では忌み数の1つとなっています。

 

したがって、欧米では、多くの建物で13階を作ることが嫌がられます。12階の1つ上の階を12A階もしくは12b階、12階半としたり、1つ飛ばして14階にしたりしています。

 

f:id:naga-aya-omiya:20190121175946p:plain

 

13を嫌う理由はこじつけや誤解

キリスト教が13を忌み嫌うとされている理由は、実は、こじつけや誤解であったとも言われています。

 

まず、イエス・キリストが十字架にかけられて処刑された日は、天文学者のケプラーをはじめ多くの学者が計算してみましたが、少なくとも13日ではないことが明らかになっています。

 

そもそも、イエスが処刑された日が13日だと広く言われるようになったのは、近代以降のことで、聖書に処刑の日が特定できる記述はありません。

 

また、新約聖書の『マタイ』『ルカ』『マルコ』の3つの福音書には、ユダは13番目ではなく12番目の弟子だと明確に書かれています。

 

ユダが13番目の弟子だとされたのは、ユダの裏切りの後に弟子になったマティアが新しい12番目の弟子と扱われたために生じた誤解であるようです。

 

どうやら13という数字に不吉なイメージを植え付けるために、こじつけや誤解だと知りながらも、あえてそのままにして広く流布させているという感じがします。

 

 

f:id:naga-aya-omiya:20190121180410j:plain

日本では縁起が良い数字

日本では13は縁起の良い数字です。

 

その代表例は、子どもの13歳を4月13日に祝う「十三参り」です。関西地方では今も盛んに行われています。

 

「十三参り」は、平安時代の清和天皇が数え年で13歳になった際、成人の証として法要を催したことに由来します。そこから、13歳を迎えた子どもは、干支が一回りして生まれた年の干支になることから、これまで健康に過ごせたことに感謝し、これから先にさらに知恵と幸福を授かることを祈るためにお参りする習慣となりました。

 

また、十三は「とみ」と読むことができるので、縁起が良いという話もあります。

 

さらに、大阪には十三(じゅうそう)という街があります。13が縁起が悪いとされていたら、間違ってもつけられない地名ではないでしょうか。

 

加えて、陰陽道の教えによると、偶数は2で割り切れるというので縁起が悪いとされています。割り切れないという意味では、13は少なくとも縁起が悪いということにはならないでしょう。

 関連記事もあわせてどうぞ↓↓

www.iwgpusnever.com

 

おわりに

ちなみに、アメリカの建国時の州の数は、ご存じの通り13。

 

したがって、1ドル紙幣の裏面に描かれているオリーブの葉は13、鷲が足で掴んでいる矢の本数は13、鷲の頭上の星の数は13、国旗の紅白の線の本数は13となっています。

 

13を心底忌み嫌うのであれば、アメリカ建国時の州の数を無理矢理にでも12か14にしているはずです。

 

にもかかわず、現状は・・・。イメージの刷り込みは本当に怖ろしいと感じる13です。

 

以上、『13という数字の縁起は、実は悪くない!』でした。

1円玉は2016年に製造ストップ。消費税と電子マネーと製造コストがその理由。

f:id:naga-aya-omiya:20190116114622j:plain

財布に1万円札はなくても1円玉はある、とは庶民の笑い話。

 

でも、その1円玉も財布からなくなる日がくるかもしれません。というのも、1円玉の製造が2016年を最後にストップしているのです。

 

消費税と電子マネーと製造コストがその理由ですが、今後、1円玉は消え去ることになるのでしょうか。

  

 

1円玉は2016年に製造ストップ

世間に出回っている1円玉が激減しているようです。劣化して使えなくなった1円玉は、民間の金融機関から発行元の日本銀行に回収されますが、政府が流通用(記念硬貨を除くという意味)の製造を2016年を最後にストップしたのです。

 

日本銀行によりますと、2017年の1円玉の流通量は378億枚。15年連続で減少していて、ピーク時の2002年の410億枚と比べて10%近く減っていることになります。

 

このことによって、1円玉の製造コストと需要量を比較検討した結果、政府は2016年に製造をストップさせたということです。

 

f:id:naga-aya-omiya:20190116114709p:plain

 

1円玉と消費税

1円玉と消費税とは密接な関係にあります。3%の消費税が導入された1989年、釣り銭需要が急拡大し、1985年に246億枚だった流通量は1991年には350億枚を超えました。

 

しかし、消費税率が切りのいい5%となった1997年以降は低迷します。2011年から2013年は記念硬貨を除いた流通用の製造を中断しました。

 

税率が8%に引上げられた2014年には製造を再開しましたが、クレジットカードや電子マネーの普及が進んだため、需要はさほど伸びず、結局は2016年に再び製造をストップさせることとなりました。

 

今年(2019年)10月には税率が10%と、再び切りの良い数字となります。軽減税率の導入で食料品などは8%に据え置かれるものの、5%に引上げられた時のことを考えれば、1円玉の需要は減ることはあっても増えることはないのは確実です。

 

 

1円玉と電子マネー

1円玉の流通量が減少した最大の理由は、電子マネーの普及でしょう。電子マネーはコンビニやスーパー、駅の売店などでの利用が活発となり、財布からじゃらじゃら小銭を取り出す光景を目にすることは少なくなりました。

 

実際、電子マネーの決済額は毎年増加する傾向にあり、2016年には5兆円を超えています。日銀が統計をとり始めた2008年の約7倍に膨らんでいます。

 

政府が2025年までにキャッシュレス決済比率を40%にする計画を打ち出したこともあり、1円玉の活躍の舞台はますます少なくなっていくに違いありません。

 

f:id:naga-aya-omiya:20190116114850j:plain

 

1円玉と製造コスト

一般的に、硬貨を製造するコストについては、日本銀行から正式な発表はされておりません。

 

ただ、各硬貨に含まれている金属の種類や重量は正式に公表されていますので、金属の市場取引価格などから推計することが可能です。

 

1円玉の場合、重さが1グラムで100%アルミニウムです。アルミニウムの時々の市場価格から推計すると、1.8円から3円程度ということになります。

 

つまり、1円玉1個を製造するのに、1.8円から3円かかるということになり、製造すればするほど赤字になるというわけです。

 

ですから、コスト面から考えれば、需要が少なくなれば、製造をストップさせるのは極めて合理的な判断ということになります。

 

 

おわりに

電子マネーは年々飛躍的に普及していくでしょう。ただ、キャッシュレス決済比率40%という政府の計画が達成されたとしても、まだ現金決済の比率は60%あります。

 

また、1円玉は現在流通している最小単位の硬貨です。その象徴的意味合いは重要ですので、消え去るということは考えにくいでしょう。

 

ただし、「1円のムダ使いは許さない」「1円に笑う者は1円になく」という言葉は、将来的にはまったくの格言・ことわざの類になってしまうのかもしれません。

 

以上、『1円玉は2016年に製造ストップ。消費税と電子マネーと製造コストがその理由。』でした。

入試前日の食事は、サッカー日本代表の勝負飯「うなぎ」で決まり!

f:id:naga-aya-omiya:20190106150524j:plain

年が明けると、いよいよ受験シーズン到来です。

 

受験生を持つ親としては、せめて食事面でサポートしたいと思うものです。ただ、何を食べさせればいいのか、特に、入試前日の食事に悩みはつきません。

 

そこで参考になるのがサッカー日本代表の食事です。試合前日には必ず「うなぎ」を食べるとのこと。いわゆる勝負飯です。これは、受験にも栄養学的に十分に役立ちます!

 

 

専属シェフが同行するサッカー日本代表

ロシアで開催されたワールドカップ・サッカー日本代表には、西芳照(にし よしてる)氏が専属シェフとして同行し、食事面を支えていました。

 

西氏は、日本代表の遠征に100回以上も同校した実績を持ち、ワールドカップも4大会連続して専属シェフを務めています。

 

西氏は、代表メンバーが発表される前からチームが宿泊するホテルに乗り込み、地元のコックの選定や厨房の衛生面の確認、食材の確保に奔走するのが常だといいます。

 

選手がホテル入りしてからは、西氏が選手のリクエストに応じて目の前で調理を行うなど、選手・スタッフには大好評。今や、なくてはならない代表メンバーだと言われています。

 

 

「試合2日前ルール」

選手たちが試合で最高のプレーができるよう、西氏は自らが考案した「試合2日前ルール」に則って、食事を提供していきます。

 

試合中に選手が求められることは、90分間走りきること。そのため、2日前からは炭水化物とタンパク質を多く取り、脂質は控えめなメニューが出されます。

 

つまり、試合2日前からは、エネルギーに変換されやすい炭水化物中心のメニューにするとルール化しているわけです。

 

さらに、試合3時間前には、うどん・おにぎり・バナナなど消化に良く、エネルギー転換の速い糖質が多いものを食べさせます。

 

そして、試合終了後30分以内には、おにぎり・サンドイッチ・果物などを食べさせます。これは、運動後にすぐに糖質をとると。体力回復に効果的だからです。

 

参照した本はこちら↓↓

サムライブルーの料理人 ─ サッカー日本代表専属シェフの戦い

サムライブルーの料理人 ─ サッカー日本代表専属シェフの戦い

 

 

試合前日に勝負飯「うなぎ」

そして、「試合2日前ルール」の集大成が、試合前日の夕食に出される「うなぎ」です。2016年リオデジャネイロ五輪アジア最終予選からの日本代表の勝負飯となっていて、「うな丼」で出されます。

 

西芳照氏はその著書『サムライブルーの料理人』でこう述べています。

 

ビタミンB1、ビタミンB2とビタミンEを豊富に含み、ごはんが進むうなぎは試合前に必ず出すメニューです。

 

ビタミンB1は糖質のエネルギー代謝を活発にしてくれる一方、不足すると疲労の原因である乳酸がたまりやすくなります。

 

ビタミンB2には栄養素をエネルギーに変える働きがあり、ビタミンEには持久力を保ち疲労回復の効果があります。

 

うなぎには、これらビタミンB1・B2・Eが豊富に含まれているのです。

 

さらに、うなぎは青魚に同じくらいDHAが豊富な食材です。「サッカー・インテリジェンス」という言葉があるほど、サッカーは頭脳スポーツ。頭の回転が良くなる効果が期待されます。

 

f:id:naga-aya-omiya:20190107095802p:plain

 

入試前日の食事は「うなぎ」で決まり!

「うなぎ」は、前日までの疲労をとり翌日の試合への活力を高めるとともに、頭のキレをももたらすという、サッカー日本代表にとって欠かせない食事となっています。

 

このことは受験にも十分にあてはまると思いませんか?

 

長期にわたる受験勉強のクライマックスを迎えるこの時期は、心身ともに疲れやすい時期でもあります。

 

また、最大2日間におよぶ入試は、ある意味では体力勝負でもあります。

 

前日に疲労を取り去り、入試当日には難問に立ち向かうに足る体力をつけるということでは、「うなぎ」は格好の食材です。

 

また、注目したいのは、「うなぎ」に豊富に含まれるDHAです。これは、青魚のサラサラ成分といわれ、考える・覚える力の向上に重要な働きをするとされています。

 

1989年、北ロンドン大学の脳栄養化学研究所所長のマイケル・クロフォード博士が著書の中で「日本の子どもの知能指数が高いのは、DHAを多く含む魚をよく食べるためだ」と述べ、一躍、DHAが脚光を浴びました。

 

  DHAを多く含む調理食

調理品        DHA量(mg)

アジの開き干し    1300

うなぎの蒲焼き    1300

サンマの焼き     1200

いわしの缶詰       810

いかなご佃煮       500

(出典:文部科学省「日本食品標準成分表」)

 

入試では当然のことながら、知力・脳力が問われます。頭のキレを良くするDHAが多く含まれた「うなぎ」を前日に食べるのは十分に科学的だと思います。

 

 

おわりに

入試前日の食事に、「入試に勝つ!」ということで「カツ丼」などを食べるという人もいます。わからなくもないですが、これは「験担ぎ」以外に何者でもなく、科学的根拠も皆無です。

 

そもそも、心身共にデリケートな前日にカツのような「重い」ものを食べて、胃が不調になったらどうするのでしょう。西芳照の「試合2日間ルール」では脂質は控えるとあったのが肯けるというものです。

 

うなぎを「うな丼」にして食べるということは、ビタミンB1・B2・Eで体力面をサポートし、DHAで脳力面をサポートするということ。さらにご飯と一緒に食べるので、炭水化物がエネルギーに転換されます。こちらの方が、断然、合理的です。

 

以上、『入試前日の食事は、サッカー日本代表の勝負飯「うなぎ」で決まり!』でした。

「もぐもぐタイム」「スイープ」「蹴飛ばしたら」「日本代表」 カーリングの4つの疑問に答えよう。

f:id:naga-aya-omiya:20181230175435j:plain

「そだねー」

 

2018年の流行語大賞にもなったこの言葉がようやく聞けるシーズンとなりました。

 

平昌五輪でのカーリング女子の活躍に、どっぷりハマッテしまった人も多いでしょう。かく申す私もその一人。

 

カーリングを観戦していて、いまだに「?」と思う瞬間や不思議に思うことが多々ありました。

 

そこで、大きく4つに分けて、その疑問に答えたいと思います。

 

 

カーリングの疑問① 「もぐもぐタイム」って何?

話題となった「もぐもぐタイム」です。

 

平昌五輪の何戦目かでこの「もぐもぐタイム」の放送がカットされて、クレームがテレビ局に殺到したそうです。

 

それ以降は、新聞のテレビ欄にもわざわざ『「もぐもぐタイム」は5エンド終了後』と書かれているくらい人気があります。

 

カーリングは前半5エンドの終了後、5分間のハーフタイムがあります。作戦会議をも兼ねたこの時間に、多くのチームが「おやつ」をもぐもぐ食べることから「もぐもぐタイム」と言うようになったようです。

 

要は、ハーフタイム中に飲食することをルールで許されていることから、誰かが勝手に名付けたのかもしれません。

 

スイーパー(ブラシで掃く選手)は掃くことでかなり体力を消耗するし、スキップ(司令塔の選手)は頭をフル回転させているので糖分の補給が必要となる。(チーム東京の選手)

 

カーリングの平均的な試合時間は2時間半から3時間。長期戦だけに、後半の作戦を練る時間と栄養分の補給を兼ねているということです。

 

f:id:naga-aya-omiya:20181230175522p:plain

では、何を食べてもいいのでしょうか?

 

結論から言えば、何を食べてもOKです。「昔はビール飲みながらプレーしていた」という噂があるくらいです。

 

寒い会場だからカップラーメンでもと思いますが、わずか5分間のハーフタイムですから、手間のかからない軽食が一番ということになります。

 

ちなみに、日本女子はイチゴやリンゴ、バナナなどフルーツが主で、男子は羊かんやラムネが主となっています。

 

 

 

カーリングの疑問② なぜスイープで石が曲がっていくのか?

石(ストーン)を投じた瞬間から、いろんなかけ声がかかります。そしてそれは全部、スイープ(ブラシで掃くこと)に関しての指示となっています。

 

「イエス」「ヤー」「イェップ」

⇒ スイープ(ブラシで掃くこと)をしろという指示

「ウォー」「ノー」「オフ」「アップ」

⇒ スイープを止めろという指示

「ハード」

⇒ もっと強く掃けという指示

「ハリー」

⇒ もっと速く掃けという指示

「クリーン」

⇒ 石の前のゴミを除去する意味で軽く掃けという指示

 

まずは、スイープについて。

 

氷の表面にはホコリが落ちていて、その上を石が通ると、減速したり違う方向へ曲がったりします。したがって、スイープしてきれいにしていきます。

 

また、スケートリンクとは異なり、カーリングの氷にはペブルという水の粒がまかれています。スイープすることによって、ペブルが一瞬溶け、水の膜ができて、石がより滑りやすくなるということです。

 

「ざらざら」より「すべすべ」の方がよく滑り、雨の日の自動車のタイヤが滑りやすいのと同じですから、イメージしやすいと思います。

 

そこで、スイープした石が曲がっていくのはなぜか、です。

 

石を投じる瞬間に、石の上部についた取っ手で左右に回転させているシーンを目にします。

 

石を時計回りに回転させると右へ、反時計回りに回転させると左へと曲がっていきます。

 

実は、なぜ、このように曲がるのかはわかっていないようです。

 

摩擦熱が関係している?溶けた氷の膜が関係している?・・・今、様々な国がこの現象を科学的に解明しようと、最新の設備を使って研究しているそうです。

 

いまだ解明されていない科学の謎が潜んでいるカーリング。石の動きや氷の状態にも注目です。

 

f:id:naga-aya-omiya:20181230175655p:plain

 

カーリングの疑問③ 石を蹴飛ばしたらどうなる?

石を投じた瞬間から、石と平行して滑りながらスイープする選手。

 

「置いてある石を避けながら、よくごしごし掃けるなあ」と感じたことはありませんか?そして、「もし、誤って蹴飛ばしたら、どうなるのかな」と思ったことはありませんか?ルール違反ということくらいはわかりますが。

 

まず、投じた石をスイープしている時に触ってしまった場合です。

 

触ってしまった(違反した)チームの相手方が、次のどちらかを選択する権利が与えられます。

 

  • 触った石を取り除く。
  • 取り除くことが違反したチームに有利になる場合は、接触がなかった場合に静止したと推定される位置に置く。弾かれて移動したと思われる全ての石を、その位置に置き直す。

 

次に、スイープしている選手が置いてある石を動かしてしまった場合です。これも、違反したチームの相手方が、次のうちから選択する権利を与えられます。

 

  • 動かされた石も静止した位置にそのままとする。
  • 取り除く場合、元の位置と判断する位置にすべて置き直す。
  • 違反がおきなければ静止したであろうと思われるところに全ての石を置き直す。

 

要するに、誤って触ってしまっても、動いている石の進路に影響がなければ、元の位置に戻して終わり、ということです。

 

バスケットボールのフリースローみたいなものがあれば面白いのですが。

 

 

カーリングの疑問④ 日本代表チームが日本選抜でないのはなぜ?

平昌五輪のカーリングの日本代表チームは、男子が「SC軽井沢クラブ」、女子が「ロコ・ソラーレ北見」。

 

国内の大会である日本選手権を勝ち抜いたチームが、そのまま日本代表チームとなって五輪に出場しています。いうなれば、昨年、日本シリーズを制したソフトバンク・ホークスがそのままWBCの日本代表になるイメージです。

 

では、国内の各チームから優秀な選手を選抜して「日本代表チーム」をつくらないのはなぜか?

 

現在、日本のカーリング競技人口は約3千人。トップ選手たちは実業団かクラブチームのどちらかに属しています。

 

実業団チームは、中部電力や北海道銀行、富士急などに勤務しながらプレーしています。一方、クラブチームの場合、数社あるいは数十社のスポンサーがつき、所属選手はそれぞれ異なる勤務先があり、カーリングを優先させてもらいながら働いています。

 

日本選抜チームを結成しようとした際、長いスパンでサポートしてくれる企業であればいいですが、そうとも限らないのが実情でもあります。

 

広告塔の役割を期待して資金を出しているのに、合宿ばかりで公の場にほとんど出てこないのは困るということです。

 

また、カーリング界は都道府県で力の差が歴然としています。いわば、北高南低です。しかも競技人口は3千人。

 

これで、例えば、20人の選手を選抜して日本代表チームを作り、「次の五輪めざして、4年間、このメンバーで頑張りましょう」となると、トップ選手が抜けた実業団やクラブチームで解散するところが出てくる可能性が高いということです。

 

平昌五輪での活躍で脚光を浴びて競技人口が増加し、カーリング協会の組織力が強化され、長期的な支援を行う企業が増える・・・。

 

こうした環境が整えば、日本選抜チームの結成となるかもしれません。

 

以上、『さあ、シーズン到来! カーリングの4つの疑問に答えよう。』でした。

県名と県庁所在地名が違うのは、明治政府による賊軍への懲罰だった。

f:id:naga-aya-omiya:20181227112458p:plain

県名と県庁所在地名とが違うところがあります。

 

四国を例にとると、徳島県は徳島市、高知県は高知市と、県名と県庁所在地名が同じなのに対し、愛媛県は松山市、香川県は高松市と違っています。

 

なぜが?以前から気になっていて、調べてみたら明治維新の際の「官軍vs賊軍」の構図が色濃く反映されていることがわかりました。

 

 

県名と県庁所在地名が違うのは17

各県の県庁所在地を暗記することは、中学受験の社会科では必須ですよね。私の娘には、「県名と県庁所在地名が違うところは17。まず、これだけを覚えれば、あとは同じところ」と教えていました。

 

一方で、「県名と県庁所在地名が違うのはなぜ?」と尋ねられたら、答えられないなとも思いながらも、「まず17個を暗記せよ」と言っていました。

 

ちなみに、その17とは、北海道、岩手県、群馬県、栃木県、茨城県、神奈川県、山梨県、愛知県、石川県、三重県、滋賀県、兵庫県、島根県、香川県、愛媛県、沖縄県です。

 

f:id:naga-aya-omiya:20181227114403j:plain


 

廃藩置県が発端

現在の都道府県名の土台となったのは、1869年の版籍奉還の後に断行された廃藩置県(1871年)です。

 

最初の段階では、江戸時代から存続していた藩をそのまま県にしてしまいましたので、3つの府と302もの県が誕生しました。この時は、県名と県庁所在地名とは完全に一致していました。

 

ただ、さすがにこれだけ多くては行政効率が悪いということで、同じ年に再編成・統廃合が行われ、3府72県となりました。この時に、県名と県庁所在地名とが違うところが出てきたのです。

 

f:id:naga-aya-omiya:20181227114501j:plain

司馬遼太郎の『街道を行く(3)』では興味深いことが書かれています。

 

「明治政府が今日の都道府県をつくるとき、どの土地が官軍に属し、どの土地が佐幕もしくは日和見であったかということを後世にわかるように烙印を押した。その藩都(県庁所在地)の名称がそのまま県名になっている県が、官軍側である。

薩摩藩ー藩都鹿児島が鹿児島県、長州藩ー藩都山口が山口県、土佐藩ー藩都高知が高知県、肥前藩ー藩都佐賀が佐賀県、の4県が代表的なものである。

(中略)これに対し、加賀百万石は日和見だったために金沢が城下であるのに金沢県とならずに、石川という県内の小さな地名を探し出してこれを県名とした。

(中略)官軍の最大の攻撃目標だった会津藩にいたっては、城下の若松に県庁が置かれず、わざわざ福島という僻村のような土地に県庁をもってゆき、その呼称をとって福島県と称せしめられている。」

 

「なるほど」と納得がいきます。この説は、司馬遼太郎の前に、宮武外骨(みやたけがいこつ)が『府藩県制史』という本で発表したということです。

 

 

賊軍は県名と県庁所在地名が違う

そこで、本論の県名と県庁所在地名とが違うという疑問です。宮武・司馬説をあてはめると、一定の結論が導き出せます。

 

()は県庁所在地

盛岡藩ー岩手県 (盛岡市)

仙台藩-宮城県 (仙台市)

高崎藩ー群馬県 (高崎市)

小田原藩ー神奈川県 (横浜市)

桑名藩ー三重県 (津市)

姫路藩ー兵庫県 (神戸市)

松江藩ー島根県 (松江市)

高松藩ー香川県 (高松市)

松山藩ー愛媛県 (松山市)

 

県名と県庁所在地名が違う17のうち、上の9つが官軍ではない敵方、つまり幕府側についた藩(賊軍・朝敵)なのです。また、金沢藩は司馬遼太郎が書いているように、日和見だったため、石川県(金沢市)とされたようです。

 

北海道と沖縄県はご存じのような事情があり、愛知県と茨城県は、徳川家を藩主とする尾張、水戸でしたから別の理由でしょう。また、栃木県と山梨県、滋賀県は小さな藩がたくさんあり、それらが統合されてできていますので、一概にはいえなくなっています。

 

要は、官軍に抵抗した藩は懲罰として、見せしめとして、有無をいわさず県名がつけられ、県庁所在地と名称が決められたということになります。そして、それを断行したのが、井上毅でした。

 

以上、『県名と県庁所在地名が違うのは、明治政府による賊軍への懲罰だった。』でした。

 (この問題は諸説あり、私が最も納得した司馬・宮武説を中心に書いたことをご理解ください。)

「ただ勉強しているだけ」の動画が画期的勉強法と『めざましテレビ』で紹介! リビング学習と同じ効果?

f:id:naga-aya-omiya:20181212115535p:plain

 

朝、フジテレビの『めざましテレビ』を見ていたら、ただ勉強しているだけの動画が画期的な勉強法だと紹介されていました。

 

その動画を見ながら勉強すると学習効果があるといいます。また、その動画を配信する側にも勉強の効果が上がるメリットがあるといいます。

 

オジサン世代にはとても理解できないことですが、10代を中心に静かなブームとなっているようです。

 

  

「勉強動画」を『めざましテレビ』が紹介

フジテレビの『めざましテレビ』の「ココ調」コーナーで、「ただ勉強しているだけなのに・・・今、話題!”勉強動画”を調査」とありました。

 

勉強動画とは、ただひたすらに勉強している様子が動画としてYoutubeで配信されているものをいいます。

 

10代の学生100人に聞いたアンケートでは、68人が「勉強動画を知っている」と答えるなど、静かなブームとなっているようです。

 

勉強動画の使い方は2つ。スマホで勉強動画を流しながら勉強するのと、自分が勉強している模様を撮影すること、です。

 

その2つのどちらも一定の学習効果があり、画期的な勉強法だと紹介されていました。

 

f:id:naga-aya-omiya:20181212152605p:plain

『にんじ報告』より引用

 

勉強動画の学習効果

『めざましテレビ』では、まず、スマホで勉強動画を流しながら勉強している女子大生を映し出します。

 

彼女は教科書とにらめっこしながら、時折、チラチラとスマホの勉強動画を見ます。疲れた時、飽きそうになった時、動画の中の人が懸命に勉強している姿を見て、「負けてたまるか」と気合いが入るとのことです。

 

別の女子高生は、「いつも友達と勉強しているので、友達の代わり。ちょっと(動画の)物音があったりしたほうが集中できる」と言います。

 

番組では次に、動画を撮影しながら勉強する女子高生が登場します。

 

彼女は勉強動画を撮影した後の感想として、「今までは途中で携帯をいじってしまっていたけど、撮影してたから携帯をいじれなくて(勉強に)集中できました」と述べていました。

 

つまり、勉強動画の学習効果としては、見る側は「競争心が湧いてくる」「友達と一緒にいる感覚になり、孤独感がなくなる」、撮影する側は「勉強に集中することができる」ということがあげられそうです。

 

番組では教育専門家が、「スマホ時代の賢い勉強の仕方。受験勉強の孤独な戦いを解消できる、1つの画期的な勉強法」と評しています。

 

f:id:naga-aya-omiya:20181212152654j:plain

 

勉強動画はリビング学習と同じ効果?

最近、リビング学習という言葉を聞かれたことが多いと思います。勉強部屋に1人でこもって勉強するのではなく、家族の団らんの場であるリビングで勉強することを言います。

 

リビングでは当然、親がテレビを見ていたり、兄弟がゲームをしていたりと何かと雑音が多いもの。その中で勉強するわけですから、否応なく集中力がつくと言われています。

 

『東大脳の育て方』という本には、東大生の83%がリビングで勉強していたと紹介され、さらに、16万人の脳画像を分析してリビング学習の効果を説明しています。

 

勉強動画も、誰かに見られている(見ている)、少なからず物音がするという環境は、リビング学習の環境と似てなくもありません。

 

 ご紹介した本はこちら↓↓ 

東大脳の育て方

東大脳の育て方

  • 作者: 瀧靖之,主婦の友社知育・教育取材班
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2017/09/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

おわりに

勉強動画はもともと、海外から流行が始まりました。受験という人生最初の試練に立ち向かう10代の子どもらにとって、そのストレスとプレッシャーは大変なものです。

 

それは自分だけではないと動画を通じて、他の同じ世代と気持ちを共有し、分かち合っているのかもしれません。

 

やはり、「若い世代のメディアの使い方はすごいな」とオジサン世代は思わざるを得ません。

 

以上、『「ただ勉強しているだけ」の動画が画期的勉強法と『めざましテレビ』で紹介! リビング学習と同じ効果?』でした。