.entry-content { line-height : 1.7 ; font-size: 16px; letter-spacing:1; } .entry-content p { margin-bottom : 2.0em ; }

『ワールドプロレスリング観戦記』2018年3月12日放送 ケニー・オメガ 飯伏幸太 vs Cody マーティー・スカル ほか

スポンサーリンク

f:id:naga-aya-omiya:20180313104756j:plain

 

今回は、復活なったケニー・オメガ、飯伏幸太のゴールデン☆ラバーズvsCody、マーティー・スカルのタッグマッチジェイ・ホワイト、YOSHI-HASHI、チャッキー・Tvsハングマン・ペイジ、マット・ジャクソン、ニック・ジャクソンの6人タッグマッチの2試合です。この日は、WWEのROHとの合同興業です。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180313104859j:plain

《ケニー・オメガ 飯伏幸太 vs Cody マーティー・スカル》

それにしても時代は変わったものです。日本人選手の軍団抗争を軸にするのは新日のお家芸ですが、外国人選手のチーム内の主導権争いが番組のメインとなるのですから。

 

2018年1月5日後楽園大会で、Codyにいたぶられていた飯伏をケニーが救出。同月28日札幌大会でIWGPのUS王座をジェイ・ホワイトに奪われたケニーが、Codyやハングマン・ペイジに制裁されようとした時、今度は飯伏が救出。その場で固く抱き合い、ゴールデン☆ラバーズが4年ぶりに復活しました。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180313104953j:plain

 

その復活第一戦がこの試合。ケニーとCodyのバレットクラブ内の主導権争いに加えてゴールデン☆ラバーズの復活。注目点がいくつもあって大変です。

 

目に付いたのが、ケニーがとても活き活きとしていたこと。そのケニーをCodyが必死に追い回しています。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180313105052j:plain

f:id:naga-aya-omiya:20180313105114j:plain

 

このCodyという選手、まぎれもなくWWEのスーパースターですが、やることがとても面白いです。ケニーを追い回していたかと思うと、急に観客席に腰をおろしてみたり、またまた、飯伏にキスをしてみたり・・・。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180313105312j:plain

 

このキスで飯伏がキレて、怒濤の反撃。ケニーと対角線のコーナーから場外へのダブルのムーンサルトアタック(クロス・ラッシュ)、ダブルでの膝蹴り(ゴールデン☆トリガー)でフィニッシュ。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180313105402j:plain

 

もう1人、忘れてはならないのがマーティー・スカル。Codyの指示で適確な動きをしていました。そして、あの指折り。マイクがひろえるほどの音がなるのですから、よく折れないものだと感心させられます。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180313105448j:plain

《ジェイ・ホワイト YOSHI-HASHI チャッキー・T vs ハングマン・ペイジ マット・ジャクソン ニック・ジャクソン》

何と言ってもバレットクラブの3人の動きが素晴らしくいいです。マット、ニックのヤングバックスの合体技はどれもどんぴしゃり。プロレスに関心のない人が見ても、前のめりになるのではと思います。

 

また、ハングマン・ペイジもあの巨体にもかかわらず、身のこなしは軽いです。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180313105529j:plain

 

フィニッシュは、ペイジのライト・オブ・パッセージでホワイトを押さえました。

 

バレットクラブばかりが目立つ試合でした。ホワイトはシングルプレイヤーなのでしょうか、いつもの輝きはありませんでした。おそらく、ペイジの挑戦を受けるUS王座戦も大苦戦するかと・・・。

 

《サプライズ》

6人タッグマッチ終了後、画面はゴールデン☆ラバーズのマイクパフォーマンスに変わります。ケニーが日本語を交えながらのアピールです。

 

俺はバレットクラブだが、飯伏が真のパートナー。飯伏と最高のタッグになる夢が叶おうとしている。俺たちが世界一のタッグチームだ

 

すると、ヤングバックスがリング上に現れ、マイクを奪います。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180313105727j:plain

 

お前たちの友情に水を差すつもりはない。ただ、聞き捨てならないのは、ゴールデン☆ラバーズが世界一のタッグだと?世界一のタッグはヤングバックスだ。

 こうやって言いに来たのには、ちゃんと理由がある。今日、この日をもって、俺たち兄弟は決断した。この先、俺たちの闘いの場は、ヘビー級のタッグ戦線だ。それが何を意味するかわかるだろ?また、会おう。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180313105942j:plain

 

こうして、アメリカでの両チームの対決が決まりました。