.entry-content { line-height : 1.7 ; font-size: 16px; letter-spacing:1; } .entry-content p { margin-bottom : 2.0em ; }

コンタクトレンズの洗浄が面倒な人は『コンセプトクイック』がおすすめ

スポンサーリンク

f:id:naga-aya-omiya:20180405173053j:plain

 

私は、コンタクトレンズをつけて20年以上になります。

 

最初の10年近くは、こすり洗いが必要な洗浄方法でしたが、とっても面倒でサボりがちになり、時々、眼のトラブルもおこりました。

 

しかし、ここ10年ほどは、こすり洗いが不要な『コンセプトクイック』で洗浄して、トラブルから解放されました!

 

コンタクトレンズの洗浄が面倒な人は、『コンセプトクイック』がおすすめです。

 

 

コンタクトレンズの洗浄

コンタクトレンズの洗浄って、ホント、面倒ですよね。

 

私は、かれこれ20年以上、コンタクトをつけていますが、洗浄との戦いの歴史(笑)といっても過言ではありません。

 

でも、洗浄しないと、タンパク質や脂肪、カルシウムなどの涙液分泌物がレンズに付着して、かすみやくもりで見えにくくなったり、つけてても違和感があったり、ひいては眼の障害にまでいたってしまいます。

 

最初は、眼科医ですすめられたこすり洗いが必要な洗浄方法でした。毎日のこすり洗いがとっても面倒くさく、夜遅く帰宅したりした時など、ついついサボってしまいました。

 

ふと気づくと3日間も洗浄していないことが・・・。

 

眼がかすむどころではなくて、眼球全体に圧迫感のようなものを感じ、やがて激しい頭痛までするようになりました。ホント、この時はびびりました。

 

やっぱり、洗浄をはじめとするレンズのケアはしっかりとしないといけないことを痛感しました。

 

日本コンタクトレンズ学会もこう警告しています。

 

眼科医の処方を受けたコンタクトレンズを使用していても、レンズケアが不適切であったり、レンズが汚れていたりすると、快適に装用出来なくなるだけではなく、重篤な眼障害を起こすこともあります。

コンタクトレンズ装用によるレンズの汚れ具合は人それぞれです。コンタクトレンズ装用者の性格も様々で、レンズケアを確実に実施できる人もいれば、レンズケアを面倒くさがる人もいます。こすり洗いを面倒くさがる性格でなくても、指先があれているために、こすり洗いが出来ない人もいます。

そのため、コンタクトレンズの種類、汚れの程度や種類、装用者の性格、眼の状態などを考慮して、個々の使用者に合った適切なレンズケアを選択する必要があります。

 

洗浄しないと怖いことになるなあ、でも、面倒くさいなあ。

 

そんな時に、友人から教えてもらったのが『コンセプトクイック』でした。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180405173140j:plain

『コンセプトクイック』について

『コンセプトクイック』は、消毒液に10分浸し、次に、中和液に10分浸せば、それで洗浄完了となります。たった20分で、あの面倒だった洗浄から解放されます。しかも、こすり洗いも不要です。

 

具体的には以下の通りです。

 

洗浄・消毒

  1. 眼からレンズをはずし、左右のバスケットに入れます。

    f:id:naga-aya-omiya:20180405160621p:plain

右眼:R 左眼:L(各々バスケットに表示)

f:id:naga-aya-omiya:20180405160657p:plain

  1. 専用ケースのガイドラインまで消毒液(クイック1)を満たします。

    f:id:naga-aya-omiya:20180405160735p:plain

  2. 専用ケースの回転部を左右に数回まわします。

    f:id:naga-aya-omiya:20180405160759p:plain

  3. フタを赤印に合せ、10分間以上放置します。

 

(赤印は消毒中)

中 和

注意:装用前には必ずレンズを中和してください。

f:id:naga-aya-omiya:20180405160824p:plain

  1. フタを開け消毒液を捨て、ガイドラインまで中和液(クイック2)を満たします。

    f:id:naga-aya-omiya:20180405160848p:plain

  2. 専用ケースの回転部を左右に数回まわし、中和液を捨てます。

    f:id:naga-aya-omiya:20180405160915p:plain

  3. 残りの中和液(クイック2)をもう一度ガイドラインまで満たし、専用ケースの回転部を左右に数回まわします。

    f:id:naga-aya-omiya:20180405160934p:plain

 

どうですか、メチャクチャ簡単でしょう。

 私も購入しています↓ 

コンセプトクイック 240ml

コンセプトクイック 240ml

 

 

 

私の『コンセプトクイック』の使い方

夜、帰宅するとコンタクトを外し、『コンセプトクイック』の消毒液に浸しておきます。そして、眠る前に、中和液に浸します。そのまま朝を迎えます。朝、洗顔後、レンズをつけて出かけます。これだけです!

 

ただ、注意して欲しい点が1つだけあります。中和液に浸すのを忘れて、消毒液につかった状態でコンタクトレンズをつけては絶対にダメです。

 

消毒液⇒中和液にしたと勘違いしてレンズをつけたら、眼球に激痛が走り、眼は真っ赤になりました。すぐに、水で洗い流して事なきを得ましたが。

 

それ以降、中和したかどうか記憶に自信がなければ、念のために中和液に浸すようにしています。それでも10分で終わりますから。

 

また、休日の前日などは、消毒液に一晩中、浸したままにしています。そうすると、レンズのくっきり感が良くなったような気がします。医学的根拠はありませんが(笑)。

 

『コンセプトクイック』の使用には、専用ケースが必要となります。購入の際には、ケースが箱にくっついた形(下の写真のように)で売られているものを選ぶようにしてください。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180405173211j:plain

専用ケース付きでおトクです↓ 

コンセプトクイック3ヶ月パック、専用ケース×1

コンセプトクイック3ヶ月パック、専用ケース×1

 

 

まとめ

コンタクトレンズを初めて使った時に戸惑うのが、洗浄です。

 

こすり洗いの際にレンズを落としてしまったり、擦りすぎて傷つけてしまったり、いろいろありました。

 

そして、ついつい洗浄を怠ってしまい、眼のトラブルに・・・、最悪でした。

 

『コンセプトクイック』を使ってからは、そうした面倒なこともなくなり、快適に装用しています。もちろん、個人差がありますので、あくまでも私の経験を語ったものと理解してください。

 

ちなみに、私は、2週間装用のソフトコンタクトを使っています。

 

以上、『コンタクトレンズの洗浄が面倒な人は『コンセプトクイック』がおすすめ』でした。