.entry-content { line-height : 1.7 ; font-size: 16px; letter-spacing:1; } .entry-content p { margin-bottom : 2.0em ; }

コンタクトレンズを付けたまま寝てしまったら、まずは目薬をさすこと。

スポンサーリンク

f:id:naga-aya-omiya:20181006172556j:plain

コンタクトレンズを着用して20年以上になります。

 

これだけ長く使っていると、慣れが出てしまって、ダメだとわかっていてもやらかしてしまうことがあります。

 

その最たる例が、コンタクトレンズを付けたまま寝てしまうことです。これは愛用者なら誰もが経験したことがあると思います。

 

そこで、ベテランユーザーの私から、そんな時の対処法をお知らせします。

 

 

 

 

コンタクトレンズを付けたまま寝てしまった

仕事から疲れて帰ってきて、ついついコンタクトレンズを付けたまま寝てしまった。

 

お昼にうたた寝のつもりが、コンタクトレンズをしたまま気がつくと数時間も経っていた。

 

新幹線や飛行機でコンタクトをつけたまま熟睡してしまった。

 

私はコンタトレンズを使って20年以上になりますが、こんなことはしょっちゅうありました。

 

その度に、眼が乾燥してコンタクトレンズが眼球に張り付いたような感じになり、辛い思いをしてきました。人によっては、レンズが外れなくなってしまうこともあるようです。

 

 

コンタクトレンズを付けたまま寝ると失明するのか?

「コンタクトレンズを付けたまま寝ると失明する」と1度は耳にしたことがあるでしょう。これは都市伝説の類だと言う人もいますが、失明にいたる可能性があることは医学的に実証されています。

 

眼球の細胞も呼吸をしていますので、常に酸素を必要とします。コンタクトレンズを付けている時は、レンズに含まれた水分や眼球とレンズの間にある涙から酸素を取り込んでいます。

f:id:naga-aya-omiya:20181006172642p:plain

出典:「オカダ眼科クリニック」公式サイト

 

眼球に酸素を送るには水分が必要となりますが、コンタクトレンズを付けたまま寝てしまうと、レンズに覆われた眼の部分は二重にふたをされた状態になり、まばたきによって涙が循環することもなくなるため、眼球の細胞は呼吸ができなくなります。

 

呼吸できなくなった眼球の細胞は死んでしまいます。眼球の細胞は再生・分裂はしないので減る一方です。その上、長時間装用で汚れたコンタクトレンズに細菌が増殖すると、アレルギー性結膜炎などにかかり、最終的には失明に至る可能性があるというわけです。

 

 

少しくらいの昼寝なら大丈夫?

「コンタクレンズを付けたまま寝るのはダメ」はわかっている。しかし、ついつい、うとうとしてしまう。そのような場合はどうでしょうか。

 

結論だけ言うと、一晩中付けたまま寝るとかなりのリスクがありますが、1時間程度なら眼に影響はないようです。

 

ただ、例え1時間程度のうたた寝であっても、乾燥・酸素不足で眼に違和感を感じることがあります。これは多少なりともダメージを与えている証拠でもあります。

 

コンタクトレンズを付けてのうたた寝が、毎日の習慣となってしまっては少なからず悪い影響が出てしまいます。

 

f:id:naga-aya-omiya:20181006173720j:plain

 

付けたまま寝てしまったら、絶対やってはいけない事

それでは、コンタクトレンズを付けたまま寝てしまった時の対処法です。

 

実際に経験した人はおわかりですが、目が覚めると両目全体が重い感じがして強烈な違和感を覚えます。また、しきりにまばたきをしたくなります。

 

第一に考えるべき事は、一刻も早くコンタクレンズを外して目を休めることです。

 

ただし、多くの場合、コンタクトレンズが眼球に張り付いた状態になっています。普段通りには外せないケースもあります。

 

そうした時に絶対にやってはいけないことは、強引に外してしまおうとすることです。レンズが眼球に張り付いた状態で無理矢理に外そうとすると角膜を傷つける恐れがあり、また、レンズが目の中で割れたり破れたりする危険性があります。

 

 

付けたまま寝てしまったら、まずは目薬をさす

それでは、どうするのか?

 

まずは、目薬をさすことです。

 

目が極端に乾燥しているわけですから、水分を補給します。それには、コンタクトレンズに使用可能な目薬(市販されているもので十分です)を両目にさして、ゆっくりとまばたきを数回してみます。

 

そうすると、コンタクトレンズが眼球から浮かんだような感覚になりますので、そうなれば普段通りに外して大丈夫です。

 

経験上、ほとんどは問題なくこれでレンズは外すことができます。また、数時間寝てしまって目に違和感がある場合でも、目薬をさすことによって改善されます。

 

f:id:naga-aya-omiya:20181006173757j:plain

でも、目薬が手近にない場合はどうするか?

 

これは私はやったことはないのですが、眼科医は、洗面器に水をはって顔をつけて目をパチパチまばたきすれば良いと言っていました。洗面器内でレンズが外れることもあるし、外れなくとも、水分は十分に供給されているので普段通りに外すことが可能だということです。

 

それでもレンズが外れない、どこにあるのかわからないという場合は、目の隅の方に貼り付いた状態になっていることが考えられますので、眼科に行くことになります。

 

以上、『コンタクトレンズを付けたまま寝てしまったら、まずは目薬をさすこと。』でした。

関連記事もあわせてどうぞ↓↓ 

www.iwgpusnever.com