.entry-content { line-height : 1.7 ; font-size: 16px; letter-spacing:1; } .entry-content p { margin-bottom : 2.0em ; }

プロ野球中継を2倍面白くする解説者トップ3~江夏・福本・川藤~

スポンサーリンク

f:id:naga-aya-omiya:20180326164815j:plain

 

いよいよ今年もプロ野球が開幕です。

 

球場に足を運んで、ナマで観戦するのもいいですが、テレビのプロ野球中継を楽しみにしている人も多いかと思います。

 

プロ野球中継に欠かせないのが解説者です。深い読みに「なるほど」と唸ってみたり、思わず吹き出してしまうコメントをする解説者も。解説者によってTV観戦が何倍も面白くなったり、つまらなくなったりします。

 

そこで、プロ野球中継を2倍面白くする解説者トップ3として江夏豊氏、福本豊氏、川藤幸三氏を選んでみました。この3人ならハズレはありません!

 

 

第3位 江夏豊

実況: 今のは失投ですね。

江夏: 失投なんて言葉は嫌いなんです。今のは、キャッチャーが構えたところに投げ込む技術がなかっただけで、この程度のピッチャーに失投なんていう言葉を使うのは10年早い。

実況: ・・・

江夏: だから、失投というのは一流のピッチャーが手元が狂った時に使うべきで、この程度のピッチャーには、

実況:(江夏の発言を遮るように)わかりました。ここは同点の場面ですから、ピッチャー の心理としてはどうでしょうか?

江夏: そら、失投せんことやね

 

阪神、南海、広島、日本ハム、西武と渡り歩いた、日本球界を代表する左腕です。全盛時の球速は160キロを超えていたともいいます。

 

輝かしい実績を持ちながらも、引退後の覚醒剤所持で有罪となり、指導者にはつけずじまいです。解説者としても、全国ネットの局ではなく、関西ローカルのテレビ大阪の所属となっています。

 

プレーする選手を「~君」と君付けで呼んだのは江夏氏が最初だと思います。プロ野球選手に対するリスペクトがそこの感じられます。

 

解説ぶりは、理論的とはとても言えません。妙なこだわりがあって、実況アナウンサーがそこに触れると怒り口調になってきます。

 

上の「失投」がそうです。あと、「休養十分」も嫌いな言葉のようで、実況席の机を叩きながら、「休養なんてしてるわけないやろ!」と怒っていました。

 

だいたい、1試合に1個、江夏のこだわりワードがあって怒っていますから、今日のこだわりワードは何かと注意しながら観戦するとよいでしょう。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180326164918j:plain

第2位 福本豊氏

実況: 一塁ランナー、ここは走ってみてもいいのではないでしょうか?

福本: ピッチャー、左ですからね。まあ、やめときましょ。

実況: でも、福本さん、現役時代に「左投手の方がモーション盗みやすくて走りやすい」って、言ってましたよね。

福本: ああ-、ありゃウソですよ。そんな訳あらへんがな。

実況: ・・・

福本: 信じとったの? ふふふ。

 

実況: 1点差を追いかける展開での、タイガース、ランキー7の攻撃です。先頭は鳥谷ですが、どういう攻撃を期待しましょうか?

福本: そりゃ、はよ、1点取ることやね。

 

実況:(盗塁失敗後に)今のはスタートが悪かったんですか?

福本:そやね。ピッチャーの足を見て、ピクンとなったらバーンとやって、ガァーと走ったら、たいていセーフになるんやけどな。

 

阪急ブレーブス一筋の、世界の盗塁王です。盗塁の技術もさることながら、強打、バント、四死球による出塁する技術は、あの野村克也氏をして「ばけもの」と言わしめています。

 

これだけの実績がありながらも、指導者としては阪神の打撃コーチのみ。古巣のオリックスからは声もかからず、あたかも阪神OBのように振舞っています。

 

おそらく、現役時代は、並外れた感性で勝負して「世界の盗塁王」になったのでしょう。打撃論や盗塁術を深く極めたというわけでなく、感覚を頼りにした天才肌です。ですから、指導者としては不適格という評価になっているのかもしれません。

 

解説は、歯に衣着せぬといえば格好いいですが、やはり、感覚的な話が中心になります。バーン、ドン、ガァーといった擬音語が連発されることからもわかります。「チョロンとサード側にころがせばいいねん」なんて絶妙すぎます!

 

今日はどんなシーンに対してどんな擬音語が出るのかに注目すると、とても面白いですよ。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180326164855j:plain

 

第1位 川藤幸三氏

実況: 今日、阪神はメッセンジャー、巨人は菅野と両エースの先発です。どんな試合展開となりそうですか?

川藤: そんなもん、やってみんとわからん

 

実況: 追い込まれましたゴメス、外に逃げる変化球を見極められるかがポイントでしょうか?

川藤: あれこれ言わんと静かに見ましょうや。

 

実況: タイガースは将来性のある若手が増えてきましたねー。

川藤: 彼らは、これからどう体を大きくしていくかが大事なんです。ワシは体が大きくならんかったから、態度だけでもデカくしたんやけど。

 

解説者というのは、現役時代の輝かしい実績をひっさげて登場するものです。でも、この川藤氏は、プロ通算成績が、211安打、108打点、16本塁打、打率.236です。レギュラー選手なら2~3年で到達できる数字しか残せていません。

 

ただ、努力の人でした。1軍の補欠が主でしたが、昼間は2軍の試合に出場して、その足で1軍に合流することで有名でした。

 

これほどファンに愛された選手も珍しいです。三振して拍手をしてもらえる選手って川藤くらいです。

 

晩年、戦力外通告を受けた際、「もう一年、現役でやらしてほしい。給料はタダでもええ」と頼み込み、なんとかクビは免れました。それを聞いた関西お笑い界の重鎮、上岡竜太郎や横山ノック、島田紳助らは、川藤がヒット1本打つ度にカネを積み立てました。

 

積み立てた金を川藤に渡そうとしたら、「そんなもん、いるかっー」と一喝。最終的には受け取り、その金で甲子園のシート席を買い取り、子どもたちを無料招待していました。

f:id:naga-aya-omiya:20180326165033j:plain

 

解説は、技術論や戦術論は一切聞くことはできません。「気合いがあれば、150キロくらの球は打ち返せるんやー」ともっぱら精神論が説かれます。第2位の福本豊氏と川藤氏のダブル解説(実際には局が違うのでありえませんが)となったら、居酒屋のおじさんたちの野球談義と変わりはありません。

 

また、阪神タイガース側の話しかしません。阪神が敗色濃厚となったら、アナウンサーが問いかけても何も答えないことがよくあります。

 

プロ野球解説者の業界も競争が激しいということですが、どうして川藤氏が30年近く解説者でい続けることができているのか、不思議でなりません。なぜ、この人が、全国ネットのTV局に呼ばれるのか、その理由を探りながら観戦するのも良いかもしれません。

 

おわりに

他にも面白いコメントを発する解説者はいますが(元近鉄の金村氏とか)、そのほとんどが計算づくでやっています。あまり、そればっかりだとバラエティ番組になってしまいます。

 

江夏、福本、川藤の3氏はいたって真剣そのものです。後輩たちのプレーに真正面から向き合っているからこそ、それぞれの個性が爆発するのです。それぞれの育ってきたなかで磨かれた感性が爆発するのです。

 

私は、関西に住んでいますから、今年もこの3人の解説を何度も耳にすることになります。何だかワクワクしてきました!

 

以上、『プロ野球中継を2倍面白くする解説者トップ3~江夏・福本・川藤~』でした。