.entry-content { line-height : 1.7 ; font-size: 16px; letter-spacing:1; } .entry-content p { margin-bottom : 2.0em ; }

阪神ファンは『巨人・高橋監督辞意➝原新監督』を面白がるけど、笑うに笑えない!

スポンサーリンク

f:id:naga-aya-omiya:20181005172456j:plain

プロ野球・巨人の高橋由伸監督が辞意を表明し、すぐさま後任の監督に原辰徳氏が決まったようです。

 

この交代劇を、ライバル視している阪神タイガースのファンはどのように見ているのでしょうか?

 

何か時計の針が逆に回ったかのような監督人事を、「おかしなことをやっているな」と面白がってはいるものの、笑うに笑えないという心境です。

 

大の阪神ファンである私が代弁してみます。

 

  

巨人・高橋監督の辞任はお決まりのパターン

巨人の高橋由伸監督が、シーズン途中にもかかわらず、今季限りで辞任することを表明しました。高橋監督が成績不振の責任を取る形で辞任の申し入れがあり、球団側もこれを受け入れたとのことです。

 

巨人の球団首脳は来季の続投を要請する意向だと伝えられていましたので、少々意外に感じました。そして、「いつもの、お決まりのパターンかな」とも感じました。

 

3年前に原辰徳監督が辞任した際、現役続行を希望していた高橋由伸選手を半ば強引に引退させて新監督に就任させた経緯を思い出します。

 

球団首脳の本音としては、高橋監督にはさっさと辞めてほしかったのだと思います。巨人に負け越している阪神ファンが言うの何ですが、高橋監督の采配面には目立った戦術や起用法はこの3年間でほとんど見られませんでしたから。

 

ましてや球団ワーストタイとなる4年連続で優勝を逃し、来年も球団史上初となる5年連続「V逸」だけは耐えられないでしょう。阪神ファンなら5年くらい何てことはないのですが。

 

でも、監督就任の経緯がありますので、「成績不振」「指導力不足」を理由に解任すれば世間から何を言われるかわかりません。読売新聞の売上に響いては大変です。

 

ですから、とりあえずは続投させるとアナウンスしながら、辞表が出されるのを待ち望んでいたのではないかと思います。辞めざるを得ないように周囲には見えない形で高橋監督にプレッシャーをかけていたであろうと容易に想像できます。

 

そして、「本人が辞めたいというので、慰留に努めたけどダメでした」となれば、世間から突っ込まれずに済みます。

 

まさに、お決まりのパターンそのものです。特に、契約期間が残っているのに辞任する時は、たいていはこのパターンです。プロ野球のファンを長くやっていると、ひいきのチームに1度や2度はあったでしょう。内紛が多い阪神なら尚更です。

 

ここまでは、「巨人も大変やな」と面白がることができます。

 

f:id:naga-aya-omiya:20181006094930j:plain

 

原辰徳氏、再々登板

原辰徳氏は2度目の監督を辞める際に、「新陳代謝が必要だ」とその理由を語っていたと記憶しています。

 

現役選手だった高橋由伸氏を引退させて監督の座につかせ、チームは「一新」をテーマに掲げました。それは高橋新監督の清新で爽やかなイメージとも結びついて、とても脅威に感じたものでした。

 

ところが、結果がともなわず、高橋監督は辞任。そして、後任には、「新陳代謝が必要」と言って辞めた原辰徳氏が就任するというのですから、開いた口がふさがりません。

 

巨人を7度のリーグ優勝に導き、WBCでは世界一の勲章を手にした原氏は名将であることは否定しません。監督としての実績に何の文句もありません。

 

しかし、だからといって、なぜ、原氏なのか?時計の針が逆回転したと言われようとも、困ったときは原監督というのでは、第2の終身名誉監督と同じではないかと思うのです。

 

球団OBにこだわるなら落合博満氏なら実績十分で「ナベツネ」氏もお気に入りのはずです。指導者になるべく大学院にまで通った桑田真澄氏ではダメなのか。一足飛びに「新陳代謝」をはかって松井秀喜監督なら、阪神ファンは頭を抱えてしまいます。まあ、巨人内部の事情はほとんど知らないので言えることかもしれませんが。

 

また、原氏には暴力団がらみのスキャンダルがありました。過去の女性問題に関して元暴力団組員に1億円を支払ったと週刊文春が報道しました。原氏と巨人は名誉を傷つけられたとして文春を訴えましたが、2016年に敗訴しています。

 

暴力団組員と知った上で金を渡したとなると、明らかに野球協約違反となり、最悪は球界を永久追放となってしまいます。原氏が再々登板となれば、週刊文春も「格好のネタ」ということで黙ってはいないでしょう。

 

ここまでは、「巨人には原しかおらんのか」と面白がることができます。

 

f:id:naga-aya-omiya:20181006095017j:plain

 

阪神ファンは笑うに笑えない

阪神ファンとしては、ここまでは面白がることはできます。しかし、笑うに笑えません。

 

阪神の金本知憲監督も、高橋由伸監督と同じ2015年に就任。監督として3シーズン目を終えようとしています。

 

前任の和田監督が辞任した際、監督就任を渋る金本氏に対し、「3年くらいは連続最下位でもいいから、チームを変革してほしい」と口説き落とした経緯があります。

 

「超変革」をスローガンにスタートした金本阪神ですが、巨人同様に成績は振るいません。当初は圧倒的支持を得ていた金本監督も、ここ最近はファンからの「辞めろコール」が強まり、ノーベル賞を受賞した学者先生からも「指揮官交代」と言われる始末です。

 

阪神球団の首脳は「来季も続投」と明言しています。球団が辞めさせたいと思っても「3年連続最下位でもいい」と口説いた以上、解任などできません。そうです、ここまでは巨人の監督交代劇とほぼ同じストーリーなのです。

 

もしかすると、全試合を終了した後、金本監督から成績不振を理由に辞意が表明されるかもしれない。いや、そうなるよう球団が圧力をすでにかけているかもしれない。

 

金本監督辞意表明を受けて、次期監督は阪神OBで実績のある人という選び方がなされ、結局、2005年の優勝監督の岡田彰布氏の再登板となる・・・。

 

つまり、成績不振➝球団は続投を表明➝監督が辞意表明➝優勝経験のあるOBが再登板、とまったく同じストーリーとなるのではないかと、笑うに笑えないのです。

 

さらに、岡田氏でなく、現役の鳥谷敬選手を強引に引退させて監督に、となったら、これはもう笑うしかないのですが・・・。

 

 

追記 阪神・矢野燿大新監督

「やっぱり」金本監督は辞任しました。これ、事実上の解任と同じ。

 

巨人の監督交代劇と瓜二つ。ただ、唯一の救いは、安直な形で岡田彰布氏に持っていかなかったことと、鳥谷敬選手を強引に引退させなかったことです。

 

でも、何だかスッキリしません。 

www.iwgpusnever.com

 

以上、『阪神ファンは『巨人・高橋監督辞意➝原新監督』を面白がるけど、笑うに笑えない!』