.entry-content { line-height : 1.7 ; font-size: 16px; letter-spacing:1; } .entry-content p { margin-bottom : 2.0em ; }

どうでもいいけど、それでも運転免許証やパスポートの写真は笑顔にしたい

スポンサーリンク

f:id:naga-aya-omiya:20180607172218j:plain

 

「運転免許証更新連絡書」なるものが送られてきました。

 

3年に1度の運転免許の更新です。「嫌だなあー」何が嫌かというと、写真です。

 

パスポートの写真もそうですが、どうして指名手配の犯人みたいに写っているのでしょうか?被写体が悪いと言えばそれまでですが・・・。

 

どうでもいいと言えばどうでもいいけど、それでもパスポートや運転免許証の写真は笑顔にしたいと思うのです。

 

 

 

運転免許証やパスポートの写真

運転免許の更新で何が嫌かというと、写真です。今回の更新にあたって、改めて免許証を見てみると、しかめっ面した指名手配の犯人のような自分がいます。

 

パスポートの写真も同様です。こちらは、しかめっ面というより悲しげな顔となっています。阪神タイガースが逆転サヨナラ負けをした場面では、きっとこういう顔をしているのでしょう。

 

運転免許やパスポートなどの証明写真を撮る場合、どうしても「真剣にしなければならない」「まじめな表情をしなければいけない」と思い込み、逆に普段とは違う不自然な表情をつくってしまっているのではないかと思います。

 

運転免許証は3年間、パスポートは最大10年間、持ち続けないといけないわけです。ましてや、自分の身分証明ともなる物です。そこに写る写真は自然体のいつもの自分でありたいと思うのですが・・・。

 

そこで、例えば、笑顔の写真は本当にNGなのかを調べてみました。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180607172259j:plain

  

運転免許証の写真の基準はバラバラ

運転免許証の写真では笑顔はダメなのでしょうか。

 

たいていの場合、指定された運転免許センターで撮影することになりますが、どういう場合がダメなのかは調べても明らかになりませんでした。

 

ただ、センターでの撮影ではなく、好きな写真を持参しても手続き可能となっています。その持参する写真については、ダメな事例が各都道府県警察のHPで掲載されています。センターでの撮影に際しても同様の基準だと思われます。

 

代表的なダメな事例として、警視庁のHPです。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180607163024p:plain

 笑い顔

f:id:naga-aya-omiya:20180607163132p:plain

目を細める

f:id:naga-aya-omiya:20180607163246p:plain

目線が正面でない

 

 なんと、最初に「笑い顔」としてあがっているではありませんか!

 

他に、神奈川県警も調べましたが、そこでもダメな事例として「笑い顔」となっていました。(「笑顔」ではなくて「笑い顔」。警察用語ですかね?)

 

しかし、近畿圏にいくと京都府や大阪府、滋賀県あたりは「口を開けている」「目をつぶっている」がダメとなっているものの、「笑い顔」がダメとはなっていませんでした。

 

運転免許証は日本全国共通のはずなのに、写真の基準がばらばらなのには驚きました。これはもう、自分の住所地の都道府県の警察に確認するしかありません。

 

 

パスポートの写真の基準は比較的明確

次に、パスポートの写真です。

 

以前、アメリカ人やイギリス人、フランス人のパスポートを見せてもらったことがありますが、みんな素敵な微笑をたたえた写真でした。私のを見せると、「なぜ、あなたは怒った顔をしているのか」と不思議がられました。

 

パスポートの場合、申請した際の写真がそのまま使われますから、外務省が基準を定めています。

 

以下、外務省のHPからダメな事例です。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180607164600p:plain

 

 

微妙ですね。警視庁のように「笑い顔」はダメとは言わず、「平常の顔貌と著しく異なるもの(口角が上がるなど)」となっています。

 

よくスナップ写真を撮っている時に、「今の笑顔は良かったから、もう一度」と言われて、なかなか出来なかった経験は誰にもあると思います。

 

証明写真ですから、いつでもつくれる表情でないと意味をなしません。そうなると、「いつもの顔と異なるもの」はダメと言われて納得がいきます。

 

しかし、口角が上がり、歯が見えるほどの笑顔(警視庁の写真は歯が見えている)ではなくて、口を閉じたままの「微笑」だったら、いつでもつくることができます。誰もが日常的にやっている表情です。

 

いつでもつくることが出来るということは、日常的にやっている表情というのは、いつもの自分ということです。ですから、それだとOKになるのではないでしょうか?

 

追記ーーご報告ーー

2018年7月13日、運転免許の更新に行ってきました。

意を決しての写真撮影です。口を閉じたままの微笑で臨んだところ、「はい、終了です」とあっけなく終わってしまいました。何の注意もなく、ただ普通に事務的に流されてしまい、拍子抜けでした。

とにかく、私が実験してみましたので、是非、トライしてみてください。

 

 関連記事もあわせてどうぞ↓↓

www.iwgpusnever.com

おわりに

運転免許証とパスポートの写真の基準を調べての結論は、「いつもの顔ならOK」になるはず、です。

 

歯を見せず口を閉じての「微笑」なら大丈夫なはずです。

 

パスポートの更新は2年先ですが、運転免許証の更新はこの1ヶ月以内です。改めて、「微笑」でトライした結果をご報告します。(結果は上述)

 

まあ、どうでもいいと言えば、どうでもいいことですが・・・。

 

以上、『どうでもいいけど、それでも運転免許証やパスポートの写真は笑顔にしたい』でした。