.entry-content { line-height : 1.7 ; font-size: 16px; letter-spacing:1; } .entry-content p { margin-bottom : 2.0em ; }

今年は刺されていない?蚊は猛暑で数が減り、35度を超えると動かない

スポンサーリンク

f:id:naga-aya-omiya:20180720164018j:plain

いやあー暑いですね。もう、夏バテでへばっています。

 

そんな中、ふと気づいたことがあります。今年は蚊に刺されていないな、と。というか、ここのところ蚊を見かけないと言えば言い過ぎでしょうか。

 

超猛暑で、さしもの蚊もぐったりとしているのでしょうか。実は、蚊は猛暑が原因で数そのものが減り、気温35度を超えると動かなくなることがわかりました。

 

 

 

記録的猛暑が続く日本

連日、記録的猛暑が続いています。

 

岐阜県多治見市では40.7度を記録し、今年(2018年)の全国最高気温となりました。岐阜県美濃市でも40.6度を記録。しかし、体温をゆうに超える気温というのは・・・。もはや35度を超える猛暑日には驚かなくなりました。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180720164619j:plain

 

そんな超猛暑の中、あることにふと気づきました。今年は蚊に刺されていないな、と。もっと言えば、ここのところ蚊を見かけないな、とも。みなさんはいかがでしょうか?

 

私は刺されやすい体質なのでとても助かりますが、蚊は暑ければ暑いほど活発に動き回るイメージがあるだけに、実際のところが気になります。

 

人間をはじめ動物たちがぐったりしているなか、蚊も夏バテ状態なのでしょうか?

 

 

猛暑では蚊の数が減っていく

猛暑日が続くと、蚊が繁殖する環境が壊れていくようです。猛暑で雨が降らない日が続くと、水たまりが干上がり、蚊が卵を産む場所が少なくなります。

 

蚊が産卵する場所は水がたまるところで、水が滞留していることが条件になります。卵がかえると、ボウフラという幼虫になりますが、水が流れているところでは卵が一緒に流れてしまいます。その水たまりが少なくなれば、当然、数そのものが増えなくなります。

 

蚊の寿命は1ヶ月ほどで、卵からかえって成虫になるまでは10日ほど。夏の間は、産卵・孵化(ふか)・成長が繰り返されるわけですが、水たまりの減少がその環境を奪ってしまい、個体数の減少につながることになります。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180720164708j:plain

 

蚊は35度を超えると動かない

日本の代表的な蚊はヒトスジシマカとアカイエカ。ヒトスジシマカは一般に「ヤブ蚊」と呼ばれ、アカイエカは「イエカ」と呼ばれたりします。

 

害虫防除技術研究所(千葉県八千代市)の所長は、「ヒトスジシマカとアカイエカともに最適な環境は25度前後」だと述べています。

 

そして、「アカイエカは30度以上、ヒトスジシマカは35度以上になると動かなくなる、活動しなくなる」としています。ただ、「死ぬ可能性もあるが、高温になれば日陰に行く。でも、高温が続けば長生きはできない」とのことです。

 

最近の35度を超える猛暑で、蚊は獲物を求めて飛び回ることを止め、涼しい場所にじっと潜んでいるということでしょう。

 

今年は春先から気温の上昇していた関係で、いつもの年よりも2週間ほど蚊の発生が早まり、ゴールデンウィーク中から刺される人が出始めました。

 

しかし、この夏は刺されていないのも、蚊そのものを見かけなくなったのも決して気のせいではなく、この異常ともいえる猛暑が原因だといってかまわないようです。猛暑によって蚊の数そのものが減り、35度を超える猛暑によって動かなくなっているのですから。

 

 

余談・最も人間を殺している生物

マツコ・デラックスのTV番組で面白いデータが紹介されていました。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180720161159j:plain

 

世界中で最も人間を殺している生物は”蚊”だったのです。年間で83万人もの人間が、蚊に刺されたことが原因で命を落としています。ちなみに、2番目が”人間”です。何だか深刻に考え込んでしまいます。

 

南米・コスタリカに仕事で行った際のこと。移動中の車に蚊が1匹入ってきました。コスタリカ人の運転手と通訳は大声をあげ、車を停車させて必死の形相で退治していたことを思い出しました。

 

日本人は、どうでもよい些細な事を「蚊に刺された程度」という言い方をしますが、南米などの人にとっては「命に関わる重大事」ということを痛感しました。

 

このまま地球温暖化が加速度的に進んでいくと、蚊の個体数は減っていくのでしょう。そうすれば、蚊が原因で亡くなる人も減って喜ばしいことかもしれません。ただ、蚊を捕食する他の生物もいるわけで、生態系全体に影響を及ぼすことも考えられます。

 

こういうことを考えていると、余計に暑く感じられてきます。とにかく、蚊も動かなくなる猛暑です。熱中症対策を万全にして、この暑さを乗り切りたいものです。

 

以上、『今年は刺されていない? 蚊は35度を超える猛暑日には動かない』でした。

 

関連記事もあわせてどうぞ↓↓

www.iwgpusnever.com