.entry-content { line-height : 1.7 ; font-size: 16px; letter-spacing:1; } .entry-content p { margin-bottom : 2.0em ; }

『ワールドプロレスリング』観戦記 2018年3月19日放送 オカダ・カズチカvsウィル・オスプレイ

スポンサーリンク

f:id:naga-aya-omiya:20180320163939j:plain

 

今回は、新日本プロレス旗揚げ46周年の「旗揚げ記念日」スペシャル・シングルマッチ、IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカと同ジュニアヘビー級王者ウィル・オスプレイのIWGP頂上対決です。

 

 

《オカダ・カズチカvsウィル・オスプレイ》

f:id:naga-aya-omiya:20180320164507j:plain

 

同じケイオスのメンバーでもある2人は、2015年10月にロンドンで対戦して以来2度目のシングルマッチ。ロンドンでの戦いぶりに惚れ込んだオカダが、オスプレイを新日本に誘った経緯があります。

 

46年前、アントニオ猪木vsカール・ゴッチの師弟対決から始まった新日本プロレス。「今の人たちに、プロレスとはこういうものだと見せていきたい」と試合前にオカダは抱負を語っています。

 

 旗揚げ記念日パンフレットはこちらから↓↓

旗揚げ記念シリーズ&旗揚げ記念日 2018 パンフレット

旗揚げ記念シリーズ&旗揚げ記念日 2018 パンフレット

 

 

試合は握手からクリーンにスタート。関節技・組み技の攻防は、まさにランカシャースタイル。両者とも「引き出し」の多さを披露します。30分枠で2~3試合を組み込むと、こういう地味な攻防がカットされますが、今回はたっぷりと見れてとても満足です。

 

中盤になると、ヘビーとジュニアの体重差が徐々に現れてきます。オカダの体重をのせたDDTからオスプレイの動きが止まります。エルボーの打ち合いも、オカダが放つと骨がきしむような鈍い音がTVからも聞こえてきます。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180320164043j:plain

f:id:naga-aya-omiya:20180320164131j:plain

 

f:id:naga-aya-omiya:20180320164159j:plain

 

オスプレイも必死に反撃。カウンターでの反転してのハイキックでペースをつかむと、場外のオカダへのサスケスペシャル、ブラッディー・サンデー、リバース450スプラッシュでたたみかけます。ここがオスプレイの最大の勝機でした。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180320164232j:plain

 

でも、やはり、オカダの打点の高いドロップキックでペースを奪い返します。以前から、オカダには王者としての「すごみ」「怖さ」を感じることは少なかったのですが、ここからのオカダにはそれがありました。猪木が降臨したか!

 

f:id:naga-aya-omiya:20180320164353j:plain

 

終盤、オスプレイにレインメーカーを放たれる場面もあったものの、余裕をもって切り返し、逆にレインメーカー3発を集中してフィニッシュ。ラストのカバーはヒールばりの表情をつくり、「すごみ」と「怖さ」と「強さ」を演出してみせました。

 

f:id:naga-aya-omiya:20180320164422j:plain

 

試合後、両者はリング上で抱き合い、オカダのマイクアピールで46周年を締めくくりました。

 

オスプレイ、やっぱり、オマエ、最高だな。

レスラーとしても大好きだし、弟としても大好きだよ、コノヤロー。

そして、今日は外道さんがいません。でも外道さんと俺とのつきあいは、46周年、・・・今日までです。

 

(ざわつく会場。TV解説席の外道は驚きの表情を隠さない)

 

ウソに決まってんだろう、コノヤロー。一生、俺と外道さんのペアでカネの雨を降らせ続けてやるからな。

まだまだ、新日本プロレス、カネの雨が降るぞー!

 

以上、『『ワールドプロレスリング』観戦記 2018年3月19日放送 オカダ・カズチカvsウィル・オスプレイ』でした。 

 

先週の記事はこちら↓↓ 

www.iwgpusnever.com